梅雨の時期に気をつけたいにも注意が必要!?

毎日、梅雨だ梅雨だとつい言ってしまいますが梅雨が明ければまた35度を超える暑い季節がやってきます。ここ近年の暑さについての話題といえば熱中症のことは欠かせません。子供ましてや赤ちゃんには大人よりも熱中症のリスクが高くなるようです。

梅雨の時期から対策を! ベビーの脱水症・熱中症予防4つのポイント

https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_Milly_column_51040/

暑い日が続く夏、ベビーとのお出かけで気を付けたいのが脱水症&熱中症。赤ちゃんは新陳代謝が活発で腎機能も未熟なため、おしっこでどんどん水分を排出してしまい、大人よりも脱水症や熱中症になりやすいんです。たとえ気温が低くても、湿度の高い日は体に熱をため込みやすいので要注意。気を付けたいポイントをまとめました。

今がまさに気温が低くても湿度が高い状態ですね。こまめなケアで赤ちゃんに注意してあげたいところです。逆に飲ませすぎたり、冷やしすぎなど過剰になってお腹の調子が悪くなったり、風邪ひいたりしないか心配になることも困りますよね。その日の気温や湿度をチェックして赤ちゃんの様子で適量を計ることができるようになるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です